オススメレシピ

寿司ブリトー☆照り焼きチキン

和風

おもてなし

鶏肉

野菜・きのこ・豆類

ごはん・穀類・麺類

材料

(太巻き‐3本分)
寿司飯        ・・・ 600g
白炒りごま      ・・・ 適量
海苔         ・・・ 全形3枚
鶏もも肉       ・・・ 1枚
 醤油        ・・・ 大さじ2
 みりん       ・・・ 大さじ1
 砂糖        ・・・ 大さじ1
ケール        ・・・ 2~3枚
アボカド       ・・・ 1個
きゅうり       ・・・ 1本
にんじん       ・・・ 1/2本
紫キャベツ      ・・・ 2~3枚
【辛味マヨ】
桃屋キムチの素    ・・・ 大さじ2
マヨネーズ      ・・・ 50g

【基本のすし飯】(基本分量)
米          ・・・ 2合
昆布(5x10cm)    ・・・ 1枚
(固く絞った布巾で軽く拭く)
水          ・・・ 米と同量
すし酢(市販)    ・・・ 70~100cc

作り方

  • 1すし飯を準備する: 
    米は炊く30分前(冬場は1時間前)に洗って普通に水加減し、炊く直前に昆布を加えて炊く。
    ご飯が炊き上がったら昆布を取り除き、すぐに飯台にあける。ご飯を山高にしたまま、すし酢をしゃもじで
    受けながら手早く回しかけ、いったんご飯をならし、酢が全体にいきわたるようにする。
    しゃもじで切るように手早く混ぜる。うちわで扇ぐ。
    混ぜ終わったらすし飯が乾燥しないようにラップをしておく。
  • 2照り焼きチキンを作る:
    鶏もも肉は筋切りをして厚みを平らにする。皮目は包丁の先で突いておく。フライパンを中火で熱し、油を
    ひかずに皮目から焼き、焼き色が付いたら裏返して身の色が変わる程度にさっと焼く。余分な脂を
    ペーパーで拭き取り、調味料をまわし入れたら蓋をして弱火で蒸し焼きにする。途中で裏返し、火を強めて
    タレを煮詰め、鶏肉に絡めながら照りをつける。取り出して冷まし、1cm幅に切り分ける。余った
    タレは少し煮つめて取り置く。
  • 3きゅうり、人参は斜め薄切りして千切り。紫キャベツは千切りして水にさらす。アボカドは皮を剥いて
    櫛形に切る。ケールは葉を小さくちぎる。
  • 4巻きすの上に海苔を縦長に置き、すし飯‐200gをのせる。海苔の向こう端を2cmほど残し、平らに
    のばして白ごまを振りかける。
  • 5海苔の中央少し手前にケールを重ねて厚めにのせ、その上に照り焼きチキンをのせてタレを適量かける。
    アボカドをのせ、他の野菜も彩りよく並べ、辛味マヨを絞りかける。
  • 6巻きすの手前端を持ち、指で具を抑えながら向こう側へ巻いていく。巻き終わりを下にして形を整え、
    最後に巻きすを引っ張りながらすし飯と具を締めて巻き上げる。
  • 7巻きすを外し、ワックスペーパーで包む。しばらく置いてから、水で濡らした包丁で、ペーパーごと斜めに
    切り分けて完成。残りも同様に巻きましょう!

中に入れる具は自由!海鮮はもちろん、ポテトチップスもOKです。
オリジナルの楽しく美味しい寿司ブリトーを巻いてみましょう!!

PageTop